HANCO

【クリエイティブ部門】
HANCO / 半浦哉子(ハンノウラチカコ)
アートディレクター/グラフィックデザイナー

【Creative Div.】
HANCO 
Art Director/Graphic Designer

大阪生まれ、大阪育ち。
小さい頃から、花札や麻雀牌、家紋が怖いけどたまらなく好きだった覚えがある。
小学校の頃、図工は大の苦手。絵の具道具はいつもカビだらけ。
中学校の美術の時間にポスターカラーと出会い、ヴァーミリオンとコバルトブルーの発色の良さ・ムラなくベタがぬれることに感動する。
美術の教科書に載っていた「ピエトモンドリアン コンポジション」に衝撃を受ける。美術の成績だけがよかったので勘違いする。
習い事は美術とは無縁。習字と公文式を小1から中3まで。

小さい頃から家で出来る仕事に憧れがあり
漫画家、イラストレーター、コピーライターなどの職業を知る。
高2の夏休みにオレゴンでホームスティ時、ホストファミリーがイラスト・デザインの仕事をしていたことでデザイナーという職業を知る。
ホームステイ最後の日のパーティにホストファミリーの名前を描いたタイポグラフィーが褒められ、現地のデザイン学校を進められ、完全に勘違いをし始める。
高3から美術の予備校に通い始める。デッサンが下手すぎて挫折しかけるが
色彩構成だけ評価がよかったので勘違いして、デザイン系で行くことに決める。
美術系の短大でデザインを学ぶ。
商品デザイン論の課題で自宅にあったカセットテープ100本以上を眺めながら
その新旧デザインの流れについてのレポートを書いたことで高得点を取り
商品デザインの開発に向いているのでは?と勘違いし始める。

卒業後はデザイン事務所、PARADE INC.に就職する。
写植発注、トレスコープ、色指定なども少し経験し、デザイン作業と、当時は珍しいDTP作業もし、イメージセッタやドラムスキャナなども扱う。
自転車で何軒もリースポジ屋巡り、校正屋から色校引き上げなどお使いも多く、ついでに寄り道もしていた。
1998年の時に1999年は人生最後の年になるかもしれないので(小学校からノストラダムスを信じていたw)
「何も考えずに自由に好きに生きてみよう」と思い1998年の年末に退職する。
退職前に会社の先輩に教えてもらって、50万円を持って日本橋に行き
Mac・プリンター・スキャナーを購入。ネットにハマり、デザイン系の人脈を広げていく。

1999年からgraphicを逆さに読ませたcihpargraphic(サイパーグラフィック)という名で個人活動&ホームページを立ち上げる。
フリー初仕事はカズオオモリ氏のグラフィックでVirgin Cinemas Japanのポスター・リーフレットデザインその他のツールに携わる。
フォントやTシャツをフロッケ展で販売。cihpar font 01はデジタローグのフォントパビリオンに収録される。
フライヤーデザインをしているクラブイベントのVJにどうやっているのかと質問し続けていたら次回からVJしてみる?と言われ困りながら舞い上がる。
海外のミュージックビデオ好きだったこともあり
DJの音に映像を合わせるVJという面白さに没頭し始める。

2000年東學氏のクリエイティブプロダクション“Az inc.”に席を置き、仕事を学び手伝いながらフリーランスの仕事もする。
そのまま、東學氏・村上美香氏と共に2001年(株)188に入社。
オープニングイベント629#1では、初めて本格的な映像制作に取り組む。
その後、VPやCMの編集などもするようになる。MTV主催のVJバトルにも参加。
KOBE COLLECTIONのアートディレクションを担当し、神戸・東京・名古屋ツアーのオープニングVJも務める。
週末はA Hundred Birds ProductionのDJ YOKUのイベントや、
DAVID MORALES、TIMMY REGISFORDなど海外DJのイベントでもVJをする。
そのほか、ヘアーショー、ファッションショーのVJもこなす。

2006年仕事もVJもフリーの仕事もやりすぎの無理がたたり、心身ともにガタがくる。VJ活動も仕事も辞め、デザインと完全に無縁の生活をする。写経にハマる。
実家で何もせず毎日読書に明け暮れていると、人生初のぎっくり腰になり寝込んでしまう。動けないまま電話に出ると
家紋・花札好きと知っていた友人の紹介でナイキ・ジャパンより、MINMIコラボスニーカーの家紋&グラフィックを依頼される。久しぶりの大きな仕事に興奮し、寝ている場合ではないと復活する。その後、靱公園前に事務所兼自宅を移し、夜な夜な飲み人脈が広がっていく。
アサヒ精版でプリンティングディレクションしてもらったポスター型フライヤーをきっかけに京都精華大学より、アセンブリーアワー講演会の冊子のデザインを担当する。

結婚後、愛知に。2010年娘を出産。子供と一緒に友達感覚で遊ぶのが楽しすぎて、仕事はたまに楽しめる範囲で続ける。
離婚後、2017年デザイン事務所、PARADE INC.にて、webデザイナーとして再就職。残業なしで短時間でデザインすることで多くを学ぶ。
2018年、20年近くの付き合いのあった、アサヒ精版印刷(株)に入社。
昼飲みの歓迎会、子連れ出勤・在宅作業も認めていただき
母として安心してのびのびと仕事をできる理想の職場環境に感謝しております!

人生山あり谷ありで、なんどもデザインから離れてしまって
ぼんやりポツンとしている時こそ、人のご縁のチカラで
またデザインとつながるきっかけを頂いているように思います。
振り返ると有難いことばかりで、多くの人の力で今の自分がいるのだとシミジミ感じます。
あとは勘違いは謙虚にし続けてもいいもんだなと思ってます。

好物はカレー(オールジャンル)。
趣味はコールマンのリクライニングチェアー&iPhone&ビールで過ごすこと。
娘と遊びながら、一緒に適当な動画をアップしたりすること。
温泉宿で上げ膳据え膳の有難さに感謝しつつ、くつろぐこと等。

人生5回程度の大きな断捨離により、多くのモノを捨て、無駄にしたことを猛省し、ついにミニマリストになる。モノへの所有欲もなくなる。
劣化しにくい服・折りたたみ持ち運べるアウトドア家具が好き。小学校で習った「スーホの白い馬」でモンゴルを知ってから、遊牧民スタイルに憧れている。「男はつらいよ」フーテンの寅のスーツケース1つも憧れ。
老後は、リュック1つで、全国のアパホテル巡りをしたい。
シングルルームの最低限のコンパクトさに惚れ惚れしている。

https://www.instagram.com/hanco_cihpargraphic/
http://cihpargraphic.blogspot.com/

PAGE TOP