台湾の本屋さん「田園城市」

8月に入ってすぐ、まだ暑さ真っ只中の頃、友人の結婚式で台湾へ。途中台北に立ち寄り、5月にASIA ART BOOKのイベントで出会った「田園城市 (Garden City)」という書店と出版社を営むVincentさんを訪ねた。地図を見ながらうろうろメインロードから路地を入っていくと…”あった!” 古いビルの1階にbookstoreとoffice。華美でないがとてもきれいに整理されていて、宝物がいっぱい詰まったような落ち着く空間。お店に入ると、すぐに気づいてくださった。まさかこんな早く再会できると思ってなかったので感激…!店内を案内していただく。地下にはギャラリーがあり、ちょうど日本の古き良き時代の写真集のexhibitionがやっていた。日本でも早々手に取れないようなお宝豪華本がズラリ…え~~なんでこんな写真集がこんな沢山あるの?!こんな場所でこんな本達に出会えるなんて…!何年もかけて、年に何度も日本の古本屋を回って集めた一部だそう。すごい。しかもかなり高価な数点は売約済。そして出版社も営むVincentさんが手がけた本を2冊購入。どれにしようか迷う程全て装丁が凝っていてクオリティが高い。日本から少し持って行ったうちで手がけた本を見ていただく。色々意見交換、楽しい!ぜひいつか一緒に何かやりましょう!と話し、いざ、イーラン(宜蘭)へ…!有意義な旅の途中だった。



こちらで出版された本。
一番上のCD付のピアニストの詩集はプレゼントにいただいたもの!
下の2冊は迷いに迷って購入したもの。
写真では伝わりませんが…とても素敵な本たちです…!

到着途端 “we’re hungry…”
近くのlocalなごはん屋さんを教えてもらい、大満足!
美味でございました。